皆様がよく行かれる回転寿司屋さんでの、ビッグデータの活用術の参考例となるのですが、回転寿司屋さんでは、回転寿司として流れてくるお皿にICタグが付いており、そのICタグでお寿司を管理していると言う形になります。どこにビッグデータが活用されるかと言う話についてですが、その膨大な蓄積量であります。毎日各レーンでの集積を10年間と言う形で蓄積して行くことによりまして、季節としてのネタの販売状況や、天気を通じての客足等のデータにも繋がりますので、そのデータを活用する形である程度予測してネタの準備をコスト的に無駄を持て余すことなく、準備できることに繋がりますので、ビッグデータとして膨大な日々のネタの売れ行きを管理することによって、コスト社会に打ち勝つと言う独自の戦略を打ち立てております。このような形で、ビッグデータ活用術の一つとしましては、飲食店等でICタグを取り付けて集計する方法を取り、それを年間を通じて分析して、更になる営業につなげて行くことができるものであると考えます。